SmallTrain オープンソース プロジェクト

SmallTrainを使いたいけど…どうしたらいいの?

ここではSmallTrainオープンソースプロジェクトについて説明します。

SmallTrainは商用利用もでき、手持ちのデータを入れることで自分のAIモデルが作成できます。 オープンソースにすることで簡単に高精度のAIモデルを作成してもらえる様に進めています。

汎用AIオープンソース宣言

ディープラーニングから始まった第三次AIブームと言われる中、多くの企業が独自のAIを開発している状況です。しかし、それぞれのAIは「特化型AI」と分類されるタイプであり、限定的な用途でしか産業界においては活躍していません。AI技術は、機械が人類を助け、共生圏を築き上げるための基礎技術となると私たちは確信をしています。そのためのプラットフォームとして、各社が独自開発をしているAIを統合し、汎用AIを形成する構想を、私たちは「ハーモニックAI」として提唱します。みながそれぞれ手持ちのスモールデータを持ち寄り、より良い社会を目指して、ともに助け合いましょう!

プロジェクト参加対象者

  1. リモートで作業ができる環境(バージョン管理システムGitLabの利用)
  2. OSSプロジェクトのコントリビュート経験
  3. AIモデルの構築経験

プロジェクト誕生の背景

  • データサイエンスの素養と高度なプログラミング能力が必要とされるため、AI開発は難しいとされています。
  • オープンソースの学習済みモデルを使ってAIモデルをつくる方法もありますが、サービス運用に耐えうるクオリティのものがありません。

この様な状況を解決しようと、Geek Guildは自社開発してきた学習済みモデルを汎用化したAIモデルのソースコードを公開し、サービス開発のために、一般に広く使ってもらうためのプロジェクトを開始しました。
令和元年度 京都エコノミック・ガーデニング支援強化事業 採択

SmallTrainの使い方・利用シーン

本バージョンでは、まず、入門として画像認識のAIモデルの作り方を紹介していますが、 時系列データ予測、音声認識など、幅広いAIサービスに使うことができる ライブラリ、TensorFlowやPyTorchのラッパーとして使えます。