Geek Guild Vision

「人と機械が共存できる社会をつくる」というビジョンのもと
最先端のAI技術を提供できる高度なAI研究開発組織として、人にやさしい、人に役立つAIをつくります

ハーモニックAI開発計画


ハーモニックAIとは、各人工知能のニューラルネットワークが繋がり、最終的に汎用人工知能になる計画と技術


1. 開発目的
「汎用AIを開発し、ポストヒューマンを社会に進出させることで、社会をより最適化されたステージに導く」
- 汎用AIの役割は、社会的な指標を最適化することにある。
- 最適化の対象は、当面は人間を主体とする社会であるが、徐々にポストヒューマンを含めた社会の最適化にシフトする。具体的には、AI・ロボットが、あらゆる活動のコストを低減、地球上のエネルギー収支を大きく改善し、人間や地球環境を含む社会・生態系全体の生産性を高める方向に導く存在となる。
- 高効率コンピューティング、エネルギー生産性の効率化、AI・ロボット製造の機械化、知識労働の機械化(人件費最適化)、衣食住コストの低減、交通・物流機械化(自動運転)

2. ハーモニックAIの要素技術
1. 認識技術
1.  トレンド認識
指標の変動を捉える。
2.  画像認識、センサー認識(多次元情報)
AIの知覚器官となり、かつ、人間の市場に入り込みやすい技術形態。シンギュラリティー以降は、人間と認識を共有する必要性は低くなるので、画像認識は不要となる可能性が高いが、画像認識を通じて蓄積した多層階層AIの中間層に、高度な認知能力が蓄積されると考えられる。この認知能力は、非画像のデータ解析に転用できると考えられる。
2. 評価技術
1.  評価指標の未来変動を予測
社会の指標を適切に設定し、過去の関連データとの関係性を捉える。
3. 制御技術
1.  評価指標を改善する行動の提案
2.  IT・ロボットを使った上記提案の実行

役員紹介

花村 慎介

Shinsuke Hanamura
代表取締役社長
CTO
Co-Founder

続きを読む …

尾藤 美紀

Miki Bito
代表取締役副社長
COO兼CFO
Co-Founder

続きを読む …

手嶋 雅夫

Masao Tejima
代表取締役会長
CEO

続きを読む …

会社概要

商号株式会社 Geek Guild
本店京都市下京区中堂寺粟田町93 KRP4号館3階 KRP BIZNEXT
ラボ東京都渋谷区神宮前3-15-9 CREST表参道103号室 T&T(株)内
設立2018年6月26日
事業内容  人工知能プログラムの開発
コンピュータソフトウェア分野における人工知能及び各種技術の応用研究
人工知能に関わるセミナーの企画及びコンサルティング
人工知能に関する講演会、シンポジウム、セミナー等の企画、運営、管理及び実施